積むのとは大きく異なります

-

-

現実にノートPCの前に座りいつも変化しているレートを眺めているとどことなく注文をするという欲求に追い立てられる事も多いです。

でも、不確かな思いで取引するのだけは、断じてしてはいけません。

ご覧の通り、外国為替市場は1日中どこかの国で外国為替相場は開かれているし相場もいかなる時でも変動しています。

しかし、頻繁に売買を繰り返しているとその分だけマイナスになる可能性が高くなります。

当然、売り買いの回数を積む事でだんだんと儲けられる可能性が半々になるのは周知の通りです。

けれどもその事実は「漠然とした直感でトレード」とは話が違います。

注文回数を積み重ねる事の意味は、あなたが「ここはいける」と思いついた感覚を得た場合の売買回数を増やすという意味である。

ただ何となく、次々とトレードを積むのとは大きく異なります。

外国為替相場の駆け引きに負けないためには自ずからよく考えて緩急をつけることが不可欠です。

「ここだ!」とよく考えた相場の時には、いっそのことポジションを増やして、徹底的に利益を追求する。

「何となく分からない為替相場で、どう推移するのかわからないな」と思案した時は諦めて持っているポジションをひとつ残らず諦めて静観します。

それぐらいのけじめをつけた方が最終的にエントリーは儲けられます。

マーケットの格言には「休むも相場」という言葉があります。

まったく言葉どおりだと感じます。

取引とは、いつでも売買ポジションを持つことが重要ではなく、どのポジションも保持せずじっと待っている事もFXです。

そうであるならば、いつ休むといいのでしょうか。

ひとつめは、前述したように、直近の外国為替相場が曖昧で良く見えない時です。

これからどうなるのか見通せない時は、間違って判断すると、自身で考えた筋書きとは違った方向に市場が変動してしまい、損する事になってしまいます。

そうした場合はポジションを0にして、そのまま何もぜずに様子を見ているのがいいだろう。

第2に、あなたの体調がすぐれない時です。

体調と外国為替相場につながりがない思う人もいますが意外と関係あります。

体の状態が悪い時は、外国為替市場の大事なところで、正確な判断が出来ない場合があります。

興味がわかない時は市場から離れる事も必要な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fuinafesta.com All Rights Reserved.