相手方に非が存在する時には

-

-

考えもせずに急に遭遇してしまうのが車の事故です。コンブチャクレンズ ファスティング

その状況でどうやって対処した内容により車の保険料の支払いもかなり差が出る場合もあるので間違えない判断力と対応力が重要です。クリーミュー 口コミ

想像できないアクシデントにパニックになってしまうと必要な工程を忘れてしまい、その先あなたが大損を被ることも想像できるので自動車の事故を起こしてしまった時には適切に以下に述べる対応をします。ケノン

乗用車の事故を起こした場面で第一にすべきなのは怪我人の状況を確認する必要があります。ソワン 嘘

乗用車の事故の後すぐは動揺して何も出来ない状態になってしまう状況がありすぐには行動できないのが通常です。ロスミンローヤル 市販

その状況では、怪我人がいた時に安全なところへ移して応急な手当を行って周囲の人に助けを呼ぶようにして救助優先を心掛けましょう。ブルームアッププラセンタ 口コミ

119番通報する場面では適切な事故現場を連絡し不確かな場面では周辺の目に留まった建物や交差点名を連絡して事故が発生した地点が判断できるようにします。太陽光発電 長所 短所

次に警察署に電話して、車の事故が起こった事そして現状を説明します。化粧水 期限

救急車と警察が来るのを待っている時間に事故の相手の情報を確かめます。iphone6s 予約 au

名前、住んでいるところ、TEL番免許証、ナンバープレートの番号、相手側の自動車保険の会社名と言った自分だけでなく相手の情報を交換します。外壁塗装 人気 色

相手方に非が存在する時には、事故現場で結論を出そうとするケースが存在しますがその場所でやり取りするのではなくどのような時だったにせよ警察署や自動車保険会社に連絡して公平に判断してもらいます。

関係者の情報を教えあったら他の人のじゃまになることをやめるために障害となる物を道路の上から取り除きます。

もしも障害になる物が他の人の交通の障害物となっている時にはお互いの情報を交換する前にその作業を終わらせてしまっても問題はないです。

その次にあなたが入っている車の保険会社に電話を入れ、自動車の事故が発生したことを告げます。

車での事故から特定時間内のうちに自動車の保険会社に連絡しておかないと自動車での事故の保険の適用外に場面も考えられるのでなるべく時をおかずに電話を入れることが必要不可欠です。

さらに現場の様子として、コンパクトカメラや携帯などで事故現場やマイカーの壊れた箇所を見ることができる写真を撮っておきます。

その証拠写真は過失がどのくらいあるのか決める際にとても大きな糸口となるので、自分自身の自動車や相手の乗用車の破損箇所を正しく証拠に残しておくことが大事です。

この状況で目撃者がいるのであれば警官の方が保険会社の人が来るまでその場にいてもらうよう頼むのも大事です。


Site Menu

Copyright © 2000 www.fuinafesta.com All Rights Reserved.