www.fuinafesta.com

-

-

自動車に乗っているあなたであれば承知しているものですが、自動車税という税金が課税されます。そして自動車税は手放すクルマ買取時に普通に戻ってくるのです。これって本当に自分でやるとすぐ覚えられますがこれから最初から流れを案内していきます。あえて説明をさせて頂けば、国内販売されている自動車に限らず外車等も自動車税が還付されることになっています。もちろん愛車もそうですね。自動車税は自動車を持っている人が支払い義務を負うものなのですがこれは車の排気量の大きさによって定められています。1リッター以下ならば29500円、1リッターより上で1.5リッター以下までなら34500円。これ以降は500cc毎に5000円ずつ増えていきます。それからこの税は4月1日現在のの所有者が年度内の全額を納める義務となっています。つまりは先払いになるということですから当然車を引き取ってもらって、所有権を失ったケースには前払いした分の税額は返還されるということです。この自動車税は事前納付でその年度の税額を支払うのでその翌年3月までの間に愛車を買い取ってもらった場合には、新しいオーナーが税金を納めなければいけないのです。買取先が専門店ならば、買い取り時に自分が前払いしている分の金額を返してくれます。つまり所有権が移転された日からの税は権利が移った所有者が納付義務を負います。もしあなたが10月のうちに車を手放した時は11月以降翌年3月までの税金は還ってくるのです。それは前述した通り自動車税は先払いであるという事実によるものです。要は、前オーナーは買取先に自動車税を返還してもらうということです。個人間で愛車を売買する場合には何気にこのような知識に気付かない人がいますため確かめるようにしてください。自動車税が自動車を売却すると返金されるという事実を意外と知られていない事を利用して、その状況を隠す悪徳業者も存在します。こちらから返金に関しての話をしなければ全く返金のことに関して触れないというケースも結構見受けられます。ですので自動車の買い取りを頼む際には自動車税が戻ってくるか否かの確認を忘れないようにしてください。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fuinafesta.com All Rights Reserved.